プロフィール

+サト+

Author:+サト+
愛知県在住☆30代主婦
管理栄養士・食育インストラクター

訪問ありがとうございます☆
コメント大歓迎です♪

2012年4月、食育スクールを始めました。

http://ameblo.jp/nolakotona/

カルチャーセンター、PTA、子育て支援グループの講師などさせていただいています。

最新記事
ランキングに参加しました☆
もしよければぽちっとお願いします☆ 励みになります!
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
お天気
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
野菜果物辞典
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スピッツ名曲集


presented by スピッツYoutube

本棚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強の日

今日は雨です…

ということは、雨読の日ですね


(気がついたら、記事がものすごく長くなってました今日も、おヒマな方はお付き合いください


今日は研修生仲間に借りた本を読み進めてみました


コレです↓↓

本物の野菜つくり―その見方・考え方本物の野菜つくり―その見方・考え方
(2005/09)
藤井 平司

商品詳細を見る




題名のとおり野菜の作り方が書いてあるのだけれど、
ただのHow toじゃない、その野菜の根源や歴史、

そして。日本人の営み、食生活について…地産地消、身土不二、
食育のいちばん根本となるところについて書いてあります。



野菜は古くからその地域に根付いてきて、その地域の食文化を築いてきたんだよね。
日本の食文化には四季の野菜が欠かせない。


最近、地域の伝統野菜が見直されてきているのは、
規格のそろった、流通に都合の良い野菜が出回った結果、

その地域で築かれてきた食文化が失われつつあって、
それを見直さなくちゃ、という動きが出てきたからなのかな。


たとえば…

『一富士、二鷹、三なすび』のなすでもある、静岡の折戸なすは
一度栽培が途絶えたのですが、近年、生産者の努力により復活しました


この折戸なすのように、農業情勢(流通に向かないとか…)によって、
栽培が途絶えてしまった伝統野菜も他にもたくさんあるんじゃないかなぁ…


そういえばわたし、愛知の伝統野菜、知っていかないとなぁ
(静岡のは、ちょっと詳しくなったんだけどね…)


ちなみにこの折戸なす。
形はまるっこくて、cuteなんですが、

か~な~り~オイシイですいや、ほんとに。
静岡にお出かけのときに、もし見つけたらぜひ手に入れてみてください




ところで、この本の初版は1975年なんですが、


日本人がいちばん理想的な食生活を送っていたのは、1970年ごろだといわれています。


この5年後には、このまま食の欧米化が進んでは危ない!
と言った人がいたのですね。


そして、コンパニオンプランツについて、ごく自然に記述されていることにびっくりしました。
(コンパニオンプランツって何だろう?と思った方は→コチラ


先人の知恵だったのかー。
作物の単作化が進む前は、自然と行われていたことだったのね。
カタカナだから、新しいものかと思ってたー(スイマセン…



さてさて。


この本、なかなか字がぎっしり。
小さい頃から、両親に本を読めと口をすっぱくして言われてきたにもかかわらず、

字が大きくて、絵があるのばかり読んでいたわたし(…つまり絵本かっ


読むのに時間、かかっちゃってます。ははっ。
こんなところでしわ寄せきましたか…


でも、この本、本当に野菜作りの根本が書いてあると思う。
野菜つくりド素人のわたしには、とっても良い本なのでは
ゆっくり、読み進めようとおもいます(あれ?ゆっくりでよかったかな?)


かしていただき、ありがとで~す




そして、今日もこのダラダラと長い日記にお付き合いありがとうございました


ランキングに参加しています☆もしよろしければポチっとお願いします♪
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ: 日々のできごと
ジャンル: ライフ

コメント

はぁ~サトさんの記事読むだけでも勉強になったよ。
コンパニオンプランツ、名前は知らなかったけど
こういう物があるとは聞いていたんだけど…
タダの先人の知恵というか、半分迷信みたいに
思ってたわ。反省(>_<)

折戸なすも食べてみたいな~

本、頑張って読んでね♪
初版が30年以上前で未だに再販されてるって事は
すごくいい本なんだろうね。

何か一冊野菜の教科書を持つことは大事ですね

私は野菜作りの本は持っているけど内容が薄っぺらなので、もっと専門書を欲しいところです

パピコさん

読んでいて、知らないことってほんとに多いんだなぁって思った^^
コンパニオンプランツという言葉自体は最近のものかもしれないけど、
考え方自体は昔からあったんだね。

折戸なすは、もし食べる機会があったら、
ぜひぜひ食べてみてね♪

本、がんばって読みま~す♪
ロングセラー(の基準がわからないけど^^;)は、
ちゃんとその理由があるんだよね☆

ムニュムニュさん

わたしなどがこんなことを言うのはおこがましいことなんですが、
この本はおすすめかもしれません☆

前に本を探していたとき、うちの近所の本屋さんにも置いてあったので、
お近くの本屋さんで手にとることができるかもしれません。
そのときは、「ひゃー字がたくさん~!」
ってすぐ棚に戻しちゃった(オイっ!)んですけどね…^^;
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。