プロフィール

+サト+

Author:+サト+
愛知県在住☆30代主婦
管理栄養士・食育インストラクター

訪問ありがとうございます☆
コメント大歓迎です♪

2012年4月、食育スクールを始めました。

http://ameblo.jp/nolakotona/

カルチャーセンター、PTA、子育て支援グループの講師などさせていただいています。

最新記事
ランキングに参加しました☆
もしよければぽちっとお願いします☆ 励みになります!
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
お天気
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
野菜果物辞典
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スピッツ名曲集


presented by スピッツYoutube

本棚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お料理教室と人生教室

愛知県春日井市にあるお料理教室hygge(ヒュッゲ)に行ってきました。

エルヴェール・ラ・ヴィのメンバーのnaoさんの開く料理教室。

毎日幸せごはんレッスンに参加。

アットホームで、naoさんの心配りが随所にみられて、
naoさんの人柄が出ている素敵な料理教室でした。

炊き込みご飯のお稲荷さんや、
炒り豆腐やごま油で炒めた根菜が具になったみそスープ、
脂ののった旬のサンマの煮つけ
レンジで簡単一品キャベツの塩昆布和え


初めてお会いした方とも楽しくお話ができて、
楽しくて美味しかった~

トイカメラ持って行ったんだけど…
うまく撮れてなかった
次回からはケータイカメラと両方で撮ろう…。


そしてもう一つ、大きな目的は…
naoさんに会うこと。

気がつけば4時間ぐらい話しこんでいました
貴重な時間を割いてもらって…

naoさんと話をしていると気持ちがほぐれていく気もします。
あたまの中が毛糸が絡まっているようになっていると、
ちょっとずつほぐしてくれる…。

今日のお話、ちゃんと自分の中に落とし込んで前に進んでいこうと思います。

ほんとにいつもありがとうございます
えいえいお~~~~~



励みになります。ぽちっとお願いします☆
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ありがとうございます☆




スポンサーサイト

テーマ: 日々のできごと
ジャンル: ライフ

じぶん改造計画

本屋さんに行く時って、どういうときですか?

買いたい本があるとき?
待ち合わせまで時間があるとき?
何かをリサーチしたくて立ち読みを決め込むとき?


なぜか特に目的もなく本屋に入り、呼ばれるように手に取ったもの。

110928_161038.jpg

トイカメラのムック本。

ものごとを、周りを、そして自分のことを…主観的にではなくて、客観的に見れるようになりたい。
って、思っていたからかしら。

しばらく、わたしのパートナーになってもらおうかな。
この子のフレームを通したら、ものごとはどんな風に見えるのかしら。

サト、31歳。こんなに大きくなっちゃいました。
身長は…小学生並みだけどね
じぶん改造計画、まだ始まったばかりです。

えいえいお~~~


励みになります。ぽちっとお願いします☆
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ありがとうございます☆

よいお年を♪

なんか…今日はえらく長くなってしまった!
お暇な方はお付き合いください♪


今年も残すところ残りわずか。
今日は我が家は大掃除Dayでした

掃除が苦手なわたしは、例年なら早めに少しずつ始めるところなのですが…
今年はなんだかバタバタしており、手が付いておらず

今日、ぎゅ~っと凝縮したので今日一日とっても疲れました

今日は、わたしの口癖「もったいない」を封印…
「断捨離、断捨離だぁ~!」と言いながらぽいぽい…あ~もったいない。

でもだいぶスッキリした


今年はみなさんはどんな一年でしたか?

わたしはとっても動きのある一年でした…
と、昨年の今頃も同じようなことを書いた記憶が


年の終わりのほうになればなるほど、バタバタ。
はすのみさんの一周年イベントを終えて、やっと「ほっ。」としました。

今年の漢字は「暑」だそうな。
確かに、確かに~!ビックリするくらい、暑かった


わたしの今年の漢字は「会」かなぁ。
わたしにとって、大きな出会いがあった。

年が明けて、畑での仲間が増えて、ともに汗を流すようになった。
マドマドと一緒にイベントするようになって…
そして昔の恩師に再会して。
そのイベントを通じて、また新たな出会いがあり。
森のようちえんと出会って…

たくさんの出会いにありがとう。


一年振り返ると、ほんとにいろんなことがあって…


一年前の今頃、実はとっても不安でした。
研修、といっても、研修らしいこと出来ていない。
年が明けたらどうなるんだろう?
わたしにこなせることなんだろうか??

でも、一年たって、自分がやりたいこと、できること、出来ないことが
自分の中でハッキリとしてきた。


一年前の今頃、「就農!」と思っていた。
当然、自分の農園を持って、食育活動をする!と思っていた。

でも、やってみて、それは今の私のライフスタイルの在り方では難しいことが分かった。
農家では、旦那さんが外に働きに出ていて、奥さんが普段主に農作業をやって、
というところもあるし、なんて思っていましたが、
そもそもスタート地点、環境などが違う。
賢い人は(賢くなくても?)、やってみなくても予測がつくのだろうけど、
あんぽんなわたしはやってみないと分からないのです


サラリーマンのおっとを支えつつ、農業…
それは体力と精神力のゆるゆるなわたしの器では難しいことでした。
できても家庭菜園くらい?


でも、自分の農園を持たなくても、真にわたしのやりたいことはできるはず。
そして有難いことに、それを「やればいいじゃない!」と言ってもらえる環境。

ほんとに有難いです。

そしてもう一つありがたいことに、
「子どもに野菜作りを体験させたいんです。」と言ってくれる人と出会い、
来年から、親子対象に、畑で一緒に野菜を作ることをしてみようと思っています。

自然栽培の畑、そこには生態系が出来ている。
虫が野菜を食べ、その虫をクモが食べ、カエルが食べ、そして彼らはやがて土に還り…
野菜を育てる中で、野菜をとりまく様々な命に触れることができるはず。

土に触れて、土の匂いをかいで。
小さな種が大地と水と太陽の力で大きく育つ。
自然のちからを体で感じてほしいな。

と言いつつ、実はわたし自身がその環境に身を置きたいのが一番だったりしてね
やっぱり、畑はいいです
開墾の時は大変だったし、夏もほんとにしんどかったけど。

親や友達には「また畑の話?」とあきれられたりもするけど
わたしが活動をするのに畑にこだわるのは、実は自分のためなのかも。


畑が基盤なことには変わりはないけれど、
来年はまた少し違った気持ちで畑作業をし、食育活動をしていこうと思います。


できる範囲で、自分のペースで。

と、いいつつ、今日お師匠から、心臓がドキドキするような話をもらったところで…
正月お休みモードな頭は一転、興奮状態に

おっとに、「来年は忙しくなるかも!」と言ったら、
「知らんがな」とあっさり言われた…


一緒にやってみようという気はさらさらないおっと…
夫婦でやっている人を見たりすると、うらやましくなります。
でも、こうやって黙って送りだしてくれるだけでも、ほんと有難いことだよなぁ。。。
しっかり働いて、家計を助けろと言われてもおかしくない状況。

ありがとう、こんな嫁を許しておくれ。


来年も、頑張るぞ~!ぼちぼちとね。
その前に、兵庫に帰省して、嫁やってきま~す♪



ダラダラと長い日記にお付き合いありがとうございました
よいお年を♪

ブログタイトル、ランキング参加ジャンル、変更しました。
ぽちっとお願いします☆

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

テーマ: ひとりごと
ジャンル: ライフ

幸せの見つけ方

今日は森のようちえんの『親子組』の日でした。

この『親子組』は、就園前の子とそのお母さんが集まり、
森でお散歩をします。

普段のようちえんとは全然違う雰囲気
普段のようちえんは子どもが主役。

だけど、親子組は子どもはもちろんですが、
お母さんのための場所でもありました。

みんなで、子育てを共有する。
その中で、悩みを打ち明けたり、誰かと接することでお母さんは安心感を得られる。
そして何より、森が心を落ち着かせてくれる。


わたしも今日は、お散歩をしながら、子どもの食事の話を聞いていました。
上の子は、人の食べているものをすぐに欲しがってしまい…
下の子は、離乳食がなかなか進まなくて…

お話をしているうちに、お母さんの表情がやわらいでいく、
そんな瞬間がわたしにとって幸せな一瞬でもありました
(保健センターで乳幼児の栄養相談、経験しておいてよかった…と胸をなでおろす瞬間でもあったけど


お弁当を広げながら、今年はどんな一年だったか…
ひとりひとり、みんなの前で話していきました。


当たり前だけど、10人いれば、10通り。
でも共通しているのは、みんな幸せそうに今年一年を振り返っていました


中には、来年から職場復帰するので、森のようちえんとさよならする人、
家の都合で、離れる人、
育休中だったけど、先日退職願を出してきた人…、

この育休中だったけど、退職願を出したYちゃんは小学校の先生。
学校が大好きで、絶対戻るって思ってたけど、
我が子の成長、ひとつひとつを発見することがとっても幸せで…
仕事どうしようか、悩んでいると前言っていた。

そう決断したんだ、Yちゃん。
女性の生き方、それぞれが選択した生き方。


わたしも、選択をせまられる時期がありました。
大学を卒業してから民間企業に就職したものの、
やっぱり一生仕事を続けたい、安定した社会的地位を…と思って、地方公務員になりました。


でもおっとが県外に転勤が決まりました。

2択。

単身赴任か、退職してついていくか。
わたしは後者を選びました。


いろんな意見をもらいました。
そのうち戻ってくるんだから、単身赴任でいいじゃない。
(転勤当初より、3年程度、と決まっていたので…)
夫婦は一緒に暮らしていた方がいい…など。

自分で決めたこと、結果、よかったと思ってます。
引っ越して本当にたくさんのことを経験できました。

引っ越したおかげで素敵な出会いがいくつもあり、世界が広がりました。
食育と出会い、畑に関心をもち…
そしてたくさんの幸せな思いを味わって、今のわたしがある。


単身赴任していたら…
たぶん、今頃、病院栄養士頑張ってたかしら?
これはこれで、幸せだったかな?


幸せは人によってかたちは様々ですね。


でも、自分で選んだ道は、責任をもち進もうと思います。
おっととの暮らしを選択したわたしは、
自分のやりたいことに夢中になりすぎて、おっとのことがおろそかにならないよう(笑)
まずおっとの嫁として…


嫁…落第点かなぁ~
もうちょっとおっとに優しくしよう…





初心

今日はとってもいい天気

今日はほんとにあたたかくなって、
第一圃場の桃もつぎつぎ開花

100406_114751.jpg



今日はお友達と一緒にちょっと遅めのランチ。
とっても楽しいひととき

「この一皿の中に、どれだけのいのちがつまってるんだろうね、」

って、自然に言う彼女、それを聞いて、はっとしました。


いろんないのちがこの一皿の中に。


そして、食べられるまでに、
野菜を育てた人、お米を育てた人、ヨーグルトを作った人、
食材を運んできた人、調理してくれた人、それをテーブルまで持ってきてくれた人


そして、一緒に食卓を囲む人も。

いろんな人が関わって、
わたし、これをいただくことができる。



普段、そうやって感じていたかな?
頭で思っていても、普段、心で感じてるかな?



以前、お師匠のところに取材に来たTV局の方が聞きました。

「栄養士という仕事で食や農業の大切さについて伝えることが出来るのに、
なぜあえて農業をやろうと思ったのですか?」


頭で思っていることと、心で感じること…
同じのようで、全く同じじゃない。


土に触れて、作物に触れて。雑草や虫もいて。
日の光を浴びて、とってもありがたい気持ちになりました。

あ、わたしも、この草と同じに生きてるわ…って、思いました。


わたしの語彙不足もあるんだけど
言葉では言い表せない、感じるものがあると思いました。
(確か、そのときは「気づいた人が、やればいいと思って…」という訳わかんない答え方をしてしまったと思うけど…

そのときの気持ち、忘れないようにしなくちゃね。


感謝の気持ちを素直に、自然に言葉にできる彼女は、
普段、大事なことを感じながら過ごしてる。


ほんとほんと、


ありがとう





ランキングに参加しています☆もしよろしければポチっとお願いします♪
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆

テーマ: 日々のできごと
ジャンル: ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。